パスタなどを茹でているとき、ついつい目を離したすきに起きてしまう吹きこぼれ。
コンロが汚れてしまったり、材料が鍋から出てしまいもったいなかったりとできれば避けたい現象です。

でも火加減を調整して、吹きこぼれないよう気を張るのって結構難しいし面倒ですよね。
今回は、少しのコツや道具で吹きこぼれが防止できる裏技をご紹介します♪

鍋の吹きこぼれはなぜ起こる?

主にそうめんやパスタなどの麺類を茹でているときに起こる吹きこぼれ。
この現象は食材の中のでんぷん質が溶けて湯の表面に膜をはり、そのでんぷん質が泡になって蒸発できなくなって湯の表面がどんどん盛り上がることで起きてしまいます。
麺類以外にもでんぷん質を含む食材であれば起きる現象なので、イモ類やお米などを煮ているときも気を付けましょう。

弱火にすれば多少防げますが、それでも鍋蓋をすると吹きこぼれてしまうことも。
どうにか防ぎたいときは、ご家庭にあるアレを使うことで解消できますよ!

吹きこぼれ解消グッズはコレだ!

① スプーン(耐熱性)

一つ目の方法はスプーンを使うというもの。この時「耐熱性」のスプーンを使うようにしてください。
なぜスプーンが良いかというと、吹きこぼれの原因である「対流」という現象を防げるから。

通常、お鍋の水を熱すると鍋の中央部から温度が上がり、水が上昇します。
この上昇した水が表面に到達するとふちの方へ移動し、ふちにぶつかると下に沈んでいくという、液体の流れによって熱が運ばれ伝わっていく現象を対流と呼びます。

この対流によって吹きこぼれが起きてしまうのですが、スプーンなどを入れることにより対流の流れが変わり外側から中心部に向かう流れとなるので吹きこぼれが防止できるという原理です。

ちなみに、よく使用されるのはスプーンですが、耐熱性であればフォークなど他の道具でも問題ありません。

② 菜箸

菜箸はスプーンよりももっと簡単な原理。
盛り上がった泡が菜箸にあたることにより割れ、吹きこぼれないという仕組みです。

③ サラダ油

サラダ油を大さじ1杯程度入れることで吹きこぼれが防止できるという裏技も。
これはでんぷんが溶けてできる泡の成分が油に似ていて、油に溶けやすいため。
吹きこぼれる前に泡が溶けてなくなるというわけです。

④ フライパンで茹でる

茹でる鍋を替えるという手もおすすです!
通常麺などは底の深い鍋で茹でるのが一般的ですが、これを表面積の広いフライパンにすることで空気で冷やされて吹きこぼれないのです。

本当に吹きこぼれないの?4アイテムで試してみた!

今回紹介した4つの裏技、本当に吹きこぼれを防止できるのでしょうか?
またどれが一番吹きこぼれ防止に良いのかも疑問!

というわけで、一つずつ試してみました。

実験の条件

・パスタ100g
・水1500l

を全てのパターンで使用します。火の強さは強めの中火で統一。

ちなみに、普通に茹でた様子がこちら・・・
吹きこぼれました。。

① 吹きこぼれvsスプーン

最初に挑戦するのはスプーンを入れる方法。鍋ギリギリまで泡は盛り上がり、少し吹きこぼれてしまいました。
火を中火程度にすると防止できるので、強すぎない火加減で麺を茹でると良いと思います。

少し吹きこぼれてしまったものの、泡の盛り上がり方は通常より控えめだったので手段としては有効そうです。

編集部チェック!
吹きこぼれない度 ★★★★☆

② 吹きこぼれvs菜箸

次に挑戦するのは菜箸。どこの家庭にもある木の菜箸を鍋の上に乗せてみます。
しばらく見守っていると、なにも乗せないよりはマシですが、少し吹きこぼれてしまいました。。。火加減を調整したらおさまったので、中火程度で茹でるときには良いかも。

なお、菜箸が熱くなってしまうので洗う際には気を付けてくださいね。

編集部チェック!
吹きこぼれない度 ★★★☆☆

③ 吹きこぼれvsサラダ油

続いて、大さじ1杯のサラダ油を入れて挑戦。
写真を見ていただいたら分かるかもしれませんが、泡が他の手段で茹でているときよりも細かくてなめらかになっている印象。

吹きこぼれはほんの少しだけありましたが、「油っぽくなるのかな?」と心配していたパスタの味は問題ありませんでした。

編集部チェック!
吹きこぼれない度 ★★★★☆

④ 吹きこぼれvsフライパン

最後はフライパンでチャレンジ。
こちらは泡が最大に盛り上がってきているときでも写真のような様子で、吹きこぼれないかヒヤヒヤすることは一切ありませんでした。

パスタを作るときは鍋で麺を茹でながらフライパンでソースを作ったりするので、そもそもフライパンで麺を茹でていたらソースを作るフライパンがない・・・なんてご家庭もあるかもしれませんが、吹きこぼれ防止策としてはかなり優秀◎

編集部チェック!
吹きこぼれない度 ★★★★★ 

編集部的おすすめは「フライパン」だ!

4パターンを試してみましたが、一番安心して見ていられたのはフライパンでした。

今回は揚げ焼きもできるような少し深めのフライパンを使用したことも良かったのかもしれません。深めのフライパンを持っている方は、ぜひフライパンで麺を茹でることで吹きこぼれを防止してください◎

鍋で茹でる場合は、スプーンがおすすめ。サラダ油は使い捨てなのでもったいないですが、スプーンなら茹でても減りません♪

ちなみに、茹でたパスタは編集部スタッフがおいしくいただきました◎


裏技を使って吹きこぼれ防止♪

ちょっとした裏技を使うことで、コンロの掃除も楽になって嬉しい!
ぜひ挑戦してみてくださいね!

小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイ」のWEBページはこちら

スーパー掲載数No.1チラシサービス! トクバイのアプリはこちら
Google play badge Apple store badge