うっかり付いてしまったお鍋の焦げ。
長年使っていると油汚れもついてしまい、もうどうしていいかわからない・・・なんてことにも。

流行りの「見せる収納」をしたくても「このままでは汚くてとても見せられない!」という方もいらっしゃるのでは?

お鍋の焦げは重曹を使うと案外簡単に取れるので、今回はその方法をご紹介します♪

重曹とは?

重曹とは別名「炭酸水素ナトリウム」の白い粉です。

炭酸水素ナトリウムというのは、実は人間の体にも存在する成分。
血液や唾液のなかに含まれます。

また、食用の重曹は「膨らし粉」としてお菓子作りなどにも使われています。

マルチに使える重曹ですが、なぜ掃除に役立つのかというと「重曹」のアルカリ性の性質に秘密が。

一般的に「汚れ」は酸性の性質を持っているのですが、重曹は「アルカリ性」であることで、この酸性を「中和」させる働きをします。

中和作用により、こびりついた頑固な汚れも浮かせて落とすことができるんです!

鍋の汚れを落としてみよう

早速、重曹を使って鍋の汚れ落としにチャレンジしていきます。

用意するもの

・重曹
・煮る用の鍋
・スポンジ

※汚れを落としたい鍋や鍋蓋などを別途ご用意ください
※重曹はアルミ製品には使用不可です。お気を付けくださいね。

工程

1. 鍋に水をはり、重曹を入れて重曹水を作ります。目安は水1000ccに大さじ1程度です。

2. 火をつけ、加熱します。

3. 水が煮立ってきたら汚れを落としたい鍋を投入します。

全体がお湯につかるよう大きな鍋で煮てくださいね

4. 沸騰状態を維持できる火力に調整し、30分ほど煮ます。

5. 30分経ったら火を止め、冷水を入れ人肌程度まで冷まします。

やけどには十分ご注意を!

6. 湯が冷めたら鍋を取り出し、スポンジなどで磨きます。

ここでひどい焦げ汚れがペリペリ剥がれ落ちることも。焦げが落ちていく瞬間の気持ち良さったらありません。

なお、汚れが満足いく程度まで落としきれなかった場合は、ちょっと面倒なのですがもう一度この工程を繰り返してください。

ここまでで完了です。

さて、気になる結果がこちら。
まずは全体像のBefor(左)After(右)から見ていきます。

全体的にくすみが取れ、ぴかっとしたのがおわかりでしょうか?

なべ底の薄い茶色になっているところは色が落ちきらず残念ですが、その他は全体的にきれいになり大満足。

鍋の溝の部分も、Befor(左)After(右)で比べてみると汚れが落ちているのがわかります。

別の部分も同じく、汚れがきれいに。

また、手入れが行き届きにくく汚れが落ちにくい持ち手の付け根部分も、Befor(左)After(右)ではこの通り。

ステンレスのきれいな色がよみがえっていますね。

ステンレス製のお鍋はクレンザーなどで磨くこともできるものの、専用のものってお値段が少しお高かったり、使い終わった後は結構な量が残ってしまい結局そのまま捨てる羽目になったり。個数が増えてくると収納にも困りますよね。

その点、重曹であればマルチに使えたり、価格も比較的安かったりでメリットだらけ。

スーパー、ホームセンター、ドラッグストアなど、身近な店舗手に入るのも嬉しいところ。

重曹での焦げ取り、大満足です♪


おうちに焦げが落ちなくて眠っている鍋があったら、ぜひ試してみてくださいね!

小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイ」のWEBページはこちら

スーパー掲載数No.1チラシサービス! トクバイのアプリはこちら
Google play badge Apple store badge