お子さんとの外食は、たくさん食べてほしいものの食べこぼしなどで服が汚れがち。

お世話しているうちにうっかり自分の服まで汚してしまったなんてこともよくあります。
ついてしまったシミはすぐに帰って洗えたら良いのですがそうはいかないときもありますよね。

おうちになかなか帰れないきは、応急処置が大切。外出先での応急処置にぴったりの商品を見つけたのでご紹介します♪

 「トップ シミ取りレスキュー」がすごい!

服のうっかり汚れ対策に編集部がおすすめしたいのが、こちらの「トップ シミとりレスキュー」。

水性・油性のどちらの汚れも落とせる衣類の本格派シミとり剤です。コンビニやスーパーで手軽に手に入れることができるのもうれしい!

ポケットサイズなので、ポーチやバッグに一つ入れておくと重宝しますよ♪

特徴

水性・油性のどちらのシミ汚れもこれ1本でOK!

水性・油性のどちらのシミにも効果の高い界面活性剤が配合されているので、これ1本で対応できます。気がつかない間に付いてしまって、水性か油性かもわからないようなシミもしっかり落とせます。

輪じみを防ぐ“シミとり剤”と“吸収シート”の組合せ

“シミとり剤”に配合した界面活性剤は、汚れをしっかり取り込むので、汚れが繊維の中で広がりません。また、“吸収シート”が、汚れを取り込んだ液を素早くしっかり吸収して、広げないので衣類に汚れの輪じみができません。

※参考LION製品情報「トップ シミとりレスキュー」ページ

使ってみた!

真っ白な服に付いてしまった「しょうゆ」のシミ。しょうゆやケチャップなど、色の濃い調味料は、いつの間にか飛び散ってがっかりすることが多いものです。

使い方はシンプル。
吸収シートを汚れの下にひいて、この商品をシミに直接あて、シミの外側からトントントンと徐々に中心に向かってたたき、汚れをシートに出していきます。こするのはNGなので気を付けて!

汚れが落ちたように見えた後もしばらくたたき続けることで、後からうっすらと汚れが残っていたなんてことが防げます。

あっという間に汚れが落ちました!これはすごい!思わず感動の声が出ました。

シートを見てみると、先ほど叩き出した汚れが付いているのが分かります。

仕上げに乾いたタオルなどシミ取り剤で湿った部分の下に敷き、上から硬くしぼったタオルなどで十分にたたきましょう。

※商品に付属の説明書をよく読んでご利用ください。

これがあればうっかり汚れも怖くない!早速バックにいれて持ち歩きたいですね。

商品情報
商品名:トップ シミとりレスキュー
トクバイ調べ:284円(税込)


お求めは近くのコンビニ・スーパー・ドラッグストアで♪

スーパー掲載数No.1チラシサービス! トクバイのアプリはこちら
Google play badge Apple store badge