お鍋が楽しい季節。
簡単に作れるうえに野菜もたっぷり食べられてヘルシーなので、毎日でも食べたいです!

でも、同じ味を食べ続けてると、どうしても飽きてしまいますよね。

そんな時には、柚子胡椒でピリリと風味を足してみるのはどうでしょうか?

馬路村「青オニゆずこしょう」

柚子胡椒とは、ゆずの皮と唐辛子を塩で混ぜ合わせた香辛料のこと。

もともとは九州で作られていた柚子胡椒。
九州では唐辛子のことを「胡椒」と呼んでいた歴史があり、そこから「柚子胡椒」という名前が付いたのだそう。

柚子は特に高知県での生産量が多いため、今では高知県や四国に旅行に行くとお土産物屋さんやスーパーでもいろいろな柚子胡椒を見かけます。

そのなかでも、編集部イチオシの柚子胡椒が今回紹介する馬路村の青オニゆずこしょうです!

おすすめポイント① 柚子の風味がしっかり効いている!

こちらの柚子胡椒は、香りの良い馬路村の青柚子を新鮮なうちに加工しているため、柚子の爽やかな味と香りが味わえます。
口に含んだ瞬間ふわっと広がる柚子の風味と、ピリリときいた胡椒がたまりません。

柚子胡椒を使うだけで、いつものレシピもちょっと違った風味に。お鍋以外にも、うどんや焼き魚などいろいろな料理に合うので意外と活躍しますよ~!

お鍋はもちろん、夏場は素麺などにも♪

「青オニ」は比較的辛さは控えめなので、辛いのが苦手な方にもおすすめです。

おすすめポイント② 無添加、無着色!

原材料は「ゆず」「唐辛子」「食塩」のみ!

無添加、無着色で素材本来の味と色が活かされた商品。安心してたくさん使えます!

おすすめポイント③ 柚子の皮の食感が良い!

今まで食べてきた柚子胡椒と一番違いを感じたのが、この食感。味はもちろんおいしいのですが、荒くつぶしたゆずの皮の「つぶつぶ」した食感に病みつきになります。

ベーシックな和風だしも、このつぶつぶ食感と柚子の風味でいっきに味が変わりますよ!

辛さが物足りない方には「黄オニ」がおすすめ!

画像提供 馬路村農協

青オニでは辛さが物足りない方は、辛さ抜群の「黄オニゆずこしょう」がおすすめ。
黄オニゆずこしょうは、完熟して黄色くなったゆずと黄色い激辛とうがらしで作られています。

もちろん、こちらも無添加無着色!

商品情報

・商品名:青オニゆずこしょう
・発売元:馬路村農業協同組合
・価格 :500円(税込

※黄オニゆずこしょうもお値段は500円です

高知県のアンテナショップ、お土産屋さんなどで発売中。
見かけたらぜひ食べていただきたい一品です!

なお、もしどうしてもお店に直接買いに行けない・・・という方には、馬路村農協産直ショッピングでもご注文いただけるそうですよ。

TEL:0120-559-659
HP:www.yuzu.or.jp


高知県の旅行土産としておすすめです♪

小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイ」のWEBページはこちら

スーパー掲載数No.1チラシサービス! トクバイのアプリはこちら
Google play badge Apple store badge