冬の洋服の定番、セーター。
お気に入りのものほど着たくなりますが、着るたびについてしまうのが、にっくき毛玉です。

毛玉がついてしまうと、せっかくの素敵なデザインも台無しになってしまうので、お手入れはしっかりしておきたいですよね。

ところで、どのお手入れ手段が一番優秀なのでしょうか?気になったので調べてみました!

今回は「電動毛玉取りクリーナー」「毛玉取りブラシ」「カミソリ」「はさみ」の4つを検証します。

電動毛玉取りクリーナー

ホームセンターや家電量販店で売っている電動の毛玉取りクリーナーは、電池式のものやコード式などいろいろなタイプがあります。

最近では100円均一ショップでも見かけるようになりましたね。100円なのに、かなり優秀だと口コミでも話題です。

※今回は2500円程度のテスコムさんの製品を使用しました。

使い方

では、実際に使ってみましょう。

ちょっと見にくいですが、今回は毛玉がたっぷりついた紺色のセーターを使って、4つの手段を試してみました。

電動毛玉取りクリーナーの使い方はとっても簡単。電源をONにして、刃の部分をセーターにあて、滑らせていくだけ。

力もテクニックも全く要らないので、スイスイ毛玉取り作業が進みます。
10秒ほどであっというまに滑らせた範囲がきれいになりました。

黄色で囲った部分が毛玉取りしたところ。きれいになってます!

家にある度 ★☆☆
手軽度 ★★★
きれいに取れる度 ★★★
セーター傷まない度 ★☆☆

毛玉取りブラシ

ホームセンターなどで見かける毛玉取りブラシは、少し硬いブラシ部分が毛玉を絡めとってくれる仕組み。

ザッザッとセーターをブラッシングするだけで毛玉が取れるので、こちらも手軽に使えます。

ブラシのすき間に毛玉がたまってきたら、専用のかきとりパーツで毛玉を取れるようになっているので何度も使えますよ。

使い方

では、使っていきます。

先ほど電動毛玉取りクリーナーで毛玉をきれいにした部分の横を、こちらのブラシでブラッシングします。

4回ほどブラッシングすると毛玉が取れました。

セーター左側に毛玉がついているのに対し、ブラッシングした黄色で囲った部分は毛玉がないのがおわかりでしょうか?

このあたり

ただ、セーターの表面が少しモケモケした感じになり、新品同様!という状態までは戻せませんでした。

逆に、ふわっとした生地感をキープしたい衣類にはぴったりかもしれません。

モケモケ

家にある度 ★☆☆
手軽度 ★★★
きれいに取れる度 ★★☆
セーター傷まない度 ★★☆

カミソリ

続いてはカミソリで挑戦。コンビニで130円ほどで購入した、男性の髭剃り用カミソリを用意して臨みます。

使い方

使い方は簡単で、体毛を剃る際のイメージと一緒。セーターに刃をあて、下方向に滑らせていくだけです。1回滑らせると、その列はすっきりするので手間もかかりません。

取れた毛玉が下に集まっているのが分かりますね。
滑らせた生地の部分もすっきりしていて、セーターがかなりよみがえった印象です。

きれいになるのが嬉しいのはもちろん、カミソリがおうちになくても近くのコンビニですぐに購入できるところや、買いやすいお値段なども魅力的ですね。

家にある度 ★★★
手軽度 ★★★
きれいに取れる度 ★★★
セーター傷まない度 ★☆☆

はさみ

最後はハサミ。古着屋さんなどでは、衣服の生地を傷めないようはさみでの仕入れた古着の手入れをはさみですることを推奨している店舗もあるそう。

必要な毛玉のみ切り取れるのでセーターの生地を削ぎすぎないところがはさみの良いところです。

使い方

はさみで毛玉を取る方法は簡単。毛玉を切っていくだけです。

ただ・・・最大の難点は面倒なところ!いっきに切り取れない分、こまごました作業が必要になりセーターをきれいな状態にするには相当時間がかかりそう。

狭い範囲をきれいにする分には良いのですが、セーターを丸ごとはさみできれいにするのはかなり根気がいる作業のように思われます・・・。

この範囲の毛玉をざっくりとるだけでも2分ほど。電動毛玉取りクリーナーやカミソリが20秒ほどだったのに対し、時間が結構かかってます。

 

以上で、4つの手段の実験終了!

すっきり♪

編集部のおすすめは「カミソリ」&電動毛玉取りクリーナー!

4つの手段を試しましたが、編集部的おすすめは以下の通り。

コスパ良くきれいにしたいなら・・・カミソリ
生地を傷めずきれいにしたいなら・・・電動毛玉取りクリーナー

手に入りやすくお値段も安いカミソリはスピード感的にもコスパ的にも優秀。ですが、セーターの生地を削りすぎる可能性もあり、頻繁に使うのは控えめに。

電動毛玉取りクリーナーは生地を傷めすぎずきれいにするような仕様になっているものも多く、安全かつきれいに、生地を傷めにくく使いたい方におすすめです。
※製品によって生地への影響などは異なるので、注意書きはよく確認するようにしてください

はさみは生地を傷めない点が素晴らしく、毛玉取りブラシは生地の風合いが損なわれにくいのがポイントでした!お好みでお選びくださいね。


毛玉がついたセーターだと、せっかくのおしゃれも台無しに。トライしやすい手段でお手入れしてください。

スーパー掲載数No.1チラシサービス! トクバイのアプリはこちら
Google play badge Apple store badge