今年もあとわずか。2017年の冬至の日は、12月22日です。

イベントの多い年末。忘れられがちな冬至の日の、おすすめの過ごし方を紹介します。

冬至ってどんな日?

冬至の日とは、一年のうちで最も日の出から日没までの時間が短い日です。

一年のうちで最も日照時間が短い日ということは、翌日から日照が長くなる日でもあるため、
一陽来復(いちようらいふく)と言って、冬至を境に運気が上昇するともいわれています。

おすすめの過ごし方

ゆず湯に入って体をほっこり温める

冬至の日と言えばゆず湯。一年のうちで最も昼の短いこの日には、ゆず湯でゆっくりと体を温めて過ごすのがおすすめです。

冬至の日にゆず湯に入る由来は、冬至以降に上昇する運気を呼びこむ前に、身を清めるためとされています。
身を清め、邪気を払うことで、ゆず湯に入ると「一年間風邪をひかない」と考えられ、この習慣ができたようです。

ゆず湯の入り方はさまざま。ゆずを丸ごと入れたり、皮の部分だけ切って入れたりする方法も。
ゆずを湯船に入れることで、ゆずの香りが浴室に広がります。
ゆずの香りを楽しみながら、リラックスしてゆず湯をお楽しみください。

※お肌の弱い方は、体がひりひりといたくなることもありますのでご注意ください。

かぼちゃを食べて運気をつける

これから運気が上昇していく冬至の日には、さらに運気が良くなるよう「ん」が付くものを食べるとよいとされてきました。
かぼちゃは漢字で書くと南京(なんきん)と書き、「ん」が2つ付くため運をたくさん取り込める食べ物と言われています。

かぼちゃには、免疫力を高めるビタミンやカロテンが豊富に含まれています。
風邪をひきやすいこのに時期にはぴったりの食べ物ですね。

冬至の日のかぼちゃの食べ方に決まりはないので、小豆とかぼちゃを炊いた「いとこ煮」や、
甘く炊いた「かぼちゃの煮物」などお好きなレシピで運を付けてくださいね。

冬至の日を楽しみましょう

今年は、ゆず湯とかぼちゃで冬至を楽しみましょう。
ゆずとかぼちゃはお近くのスーパー、八百屋さんで♪

スーパー掲載数No.1チラシサービス! トクバイのアプリはこちら
Google play badge Apple store badge