洗濯物を部屋干しすると気になるのが、あの嫌なにおい。

「生乾き」の状態が長く続くと発生しがちですが、冬は特に気温も低く洗濯物が乾きにくいので気になる季節です。

どうすれば防げるのか、その方法を調べてみました!

部屋干しのにおいは雑菌が原因

部屋干しで気になる嫌なにおいの原因は、洗濯で落としきれなかった皮脂やタンパク質、また汚れを餌に繁殖する雑菌が原因。

雑菌は湿気の多い環境で繁殖しやすいので、特に梅雨の時期や冬場などは洗濯物の乾燥に時間がかかり、衣類に水分が残ることで繁殖するのに絶好の環境となってしまいます。

においを出さないためには、この雑菌の繁殖を防ぐことが重要です。

雑菌対策で気を付けること

洗濯槽までしっかり掃除しよう

洗っても洗っても、なんだかきれいにならないし、においも気になる・・・なんてことはありませんか?それって洗濯槽の汚れが原因かもしれません。

汚れた洗濯槽のまま洗濯機をまわしても衣類はきれいになりません。しっかり汚れを落とすために、洗濯槽の掃除にも気を使いましょう。

洗濯槽に入れて洗濯機をまわすだけの専用のクリーナーなども販売されているので、定期的に利用するのがおすすめです。

ランドリーバスケットは通気性の良いものを

一日の終わりにお風呂に入るとき、衣類を入れるランドリーバスケットはどんなものを使っていますか?

汗やアカがついた衣服は雑菌の繁殖には好環境。このランドリーバスケットに入っている間もどんどん雑菌は増えていきます。できるだけ湿気を避けるためにも、メッシュ地など隙間のある、通気性の良い素材を選びましょう。

こまめに洗濯しよう

ある程度衣類をためてからお洗濯をするご家庭も多いと思いますが、特に湿気が多い時期や汗をかきやすい時期などはこまめに洗濯をし、雑菌を繁殖させないことが重要です。

洗濯物を干すときは風通しを良くしよう

雑菌を繁殖させないコツは、衣類を「早く乾燥させる」こと。乾燥機やサーキュレーター、除湿器などを使って湿気を取り除き、通気性を高めたりして衣類の乾燥を早める環境をつくるのもおすすめです。

また洗濯ものを干す際は、衣類の隙間が詰まっていると風邪通りが悪くなり乾くスピードが落ちてしまうので、間隔に余裕を持った干し方をするようにしましょう。

除菌グッズでにおいを撃退

におい対策に、除菌グッズを使うという手も。

柔軟剤

除菌作用のある柔軟剤も、最近は多く店頭で見かけます。
香りや肌触り、静電気防止などの効果に加えて、除菌効果があるかどうかも選択の基準にしてみてはどうでしょうか。

おすすめ柔軟剤の記事はこちら

酵素系漂白剤

オキシクリーン

汚れや色を落とすための漂白剤ですが、抗菌・除菌効果があるものも多いです。汚れ落としをしたいときだけではなく、においを防止するために使ってみるのも手。

人気の酵素系漂白剤「オキシクリーン」の記事はこちら

除菌スプレー

衣類専用の除菌・防臭スプレーから、食品にも使える除菌作用のあるアルコールスプレーまで、ラインナップは様々。

編集部のおすすめは、住宅のあらゆるところでマルチに使えるアルコールスプレーです。まな板や食器の除菌も、洗濯物の除菌も何役も果たしてくれるので、1本あるとかなり便利ですよ。

万能除菌スプレー「パストリーゼ」の記事はこちら


しっかり対策すれば、部屋干しも怖くありません!お気に入りの衣類を、長く、快適に着れるよう、コツを覚えて実践してくださいね。

小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイ」のWEBページはこちら

スーパー掲載数No.1チラシサービス! トクバイのアプリはこちら
Google play badge Apple store badge