寒い季節は、ロングブーツやムートンブーツが欠かせないアイテムですよね。

でも、毎日同じ靴を履いて、お手入れをほとんどしていない、なんていうこと、ありませんか?

足の裏は汗をかきやすく、細菌やカビが発生しやすい部位なので、毎日同じ靴をお手入れせず履き続けると靴が傷んでしまう原因に。

靴も休息や日頃のお手入れが大事。小まめなケアでお気に入りの靴を長持ちさせましょう。

靴の種類別、基本的な手入れ方法

まずは、靴のお手入れの基本を知っておきましょう。

①一般的な革

ブラシでホコリを払い落とし、布にクリームを取り、汚れをとります。クリームが乾いたら、仕上げ用の布でツヤを出します。

裏革、起毛革(ファー)

毛ブラシや起毛素材用ブラシで起毛の中の汚れを丁寧に取り除き、風通しの良い場所で乾かしましょう。

最後に再度ブラッシングをしてください。

③合成皮革

ブラッシングでホコリを取り、布でさっと水拭きするだけで、汚れが落ちます。

④布地(キャンバス)

ブラッシングでホコリを取り、布でカラ拭きし、汚れは消しゴムタイプのクリーナーで取ります。

靴を傷めないためにも、強くこすらないようにするのがコツです。

それでも落ちない場合は、中性洗剤を入れたお湯をバケツに入れ、浸けながらブラシで洗い陰干しをします。

洗濯機で洗って最後にドライヤーで乾かすのは、靴を傷めてしまうので避けましょう。

大切にしたい革靴!4つのお手入れポイント

①履く前のケア

新しく靴を購入したらまず保革クリームを塗りましょう。布に少しずつクリームをつけ円を描く様に薄くムラなく塗ってください。

②休ませることも大切

靴に休息を与えて湿気を十分にとることで、型崩れを防ぎます。1日履いたら2、3日休ませることがポイント。複数の靴を交互に履きましょう。

③雨の日は履かない

革靴が傷む一番の原因は、雨にぬれること。

もし雨にぬれた場合は、乾いた布で湿気をとり、靴の中に布や紙を入れ、風通しの良い場所で陰干しをしましょう。十分に乾いてから、最後にクリームを薄く塗ってください。

④ホコリや汚れを残さない

靴を少しでも履けばホコリや汚れが付きます。履き終わればブラッシングをして靴用クリームを軽く塗りましょう。面倒ですが、日頃から手間をかけることが、靴にとって一番大切です。

持っておくと便利な、主なお手入れグッズ

靴用クリーム
布(拭く用/仕上げ用)
ブラシ(毛ブラシ/起毛素材用ブラシなど)
消しゴムタイプのクリーナー
中性洗剤 など

いずれも、シューズ売り場のほか、ホームセンターなどでも購入可能です◎

かごなどに入れて、お手入れグッズとしてまとめておくと在庫もわかりやすく、すぐ使えますね。


参考:「靴のお手入れ」(日本ケミカルシューズ工業組合)­http://www.csia.or.jp/howto/index.htm)を加工して作成

小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイ」のWEBページはこちら
スーパー掲載数No.1チラシサービス! トクバイのアプリはこちら
Google play badge Apple store badge