木枯らしが吹きすさび始める今日この頃。そろそろ少しずつ暖房器具を使い始める時期ですね。

ところで暖房器具を使っているのに、なぜか部屋が肌寒いなんてことありませんか。それはもしかしたら窓が原因かも!

さっそく窓をチェックしてみましょう。

断熱が不十分な窓からは多くの熱が出入りしてる!

熱は建物のさまざまなところから出入りしますが、窓は最も大きな熱の出入り口。

窓から逃げる熱が多ければ多いほど、エアコンなどの暖房器具を使用しても室内は暖まりにくく、暖房費がかさんでしまいます。

暖房効率を上げるために、窓の断熱性を高めましょう。

寒い日に「結露」する窓には対策を!

窓の断熱性能が十分かどうかを判断する目安が「結露」の有無。

寒い朝など、室内側の窓の表面温度と室内の温度差が大きくなると、室内の暖かい空気が冷えた窓ガラスに触れて冷やされ、空気に含まれた水分が「結露」となって、窓や窓枠を濡らしてしまいます。

これは、窓の断熱性が低いために、外気の冷たさが窓の内側にまで伝わってしまうことで起きる現象です。

結露によって窓枠などに垂れた水分は、窓枠の木材などを傷める原因になったり、カビやダニが発生する要因にもなりやすく、好ましくありません。

家の窓に「結露」ができている場合、早めに窓の断熱性を改善するのがおすすめです。

お手軽DIYで断熱性をアップ!

どうすれば窓の断熱性を高められるのでしょうか?すぐに出来る簡単な対策をお伝えします。

① 断熱(結露防止)シートを活用

ホームセンターなどで手に入る、断熱シートを使用するのが手軽で、効果も見込めます。

手頃な値段で、柄入りなどのバリエーションも豊富なため、住まいの条件に合わせて好みのものを選べます。

カーテン

今の窓にカーテンがなかったり、薄いカーテンしか掛けていないような場合には、カーテンやロールスクリーンを設置したり、断熱性の高いものに替えるだけでも、窓の断熱を改善できるケースがあります。


断熱対策をすることで、暖房代の節約やカビなど掃除のコストの削減にも。ぜひ今年はチャレンジしてみてくださいね。

参考:
「「ウォームビズ」ぽかぽかゼミナールPART3 暖房費も節約できる「窓の断熱」テクニック」(環境省(COOL CHOICE事務局))(https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/warmbiz/info/index.html)を加工して作成

小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイWEB版」はこちら
スーパー掲載数No.1チラシサービス! トクバイのアプリはこちら
Google play badge Apple store badge