もうすぐハロウィン♪かぼちゃをくり抜いて飾り付けたり、仮装したり、楽しみですね。ところで、ハロウィンの由来ってご存知ですか?

ハロウィンの起源

10月31日はハロウィン。いまや仮装イベントも数多く開かれ、すっかり日本でもおなじみの行事となりました。

かつては古代ケルト人、特にアイルランド地方に伝わる「サーウィン」と言う、死の神のお祭りが由来。死者の魂が家族の元に帰ってくるとされ、悪い精霊や幽霊が街をさまようと信じられていました。

やがて、それが、キリスト教などに取り込まれて、悪霊を追い出し、秋の収穫を祝う行事となったのです。キリスト教の「万聖節(ばんせいせつ)」の前の晩に開かれるサーウィンは、「万聖節(All Hallows Day/オール・ハロウズ・デイ)の前夜(eve/イヴ)」が転じてハロウィンと呼ばれるようになりました。

今では宗教的な意味合いはほとんどなくなり、子どもたちがお化けや魔女に仮装して、お菓子をねだって歩くイベントとなっています。

知ってる?基礎知識

Jack-O’-Lantern(ジャック・オー・ランタン)

かぼちゃの中身をくり抜いて、中にろうそくを立てたもの。その昔は大きなカブで作られていたそうです。目と鼻と大きな口の形を抜き、顔に見立てた作りが一般的。善霊を引き寄せ、悪霊を追い払う魔除けとして飾られています。

Trick or Treat! (トリック・オア・トリート)

意味は、「お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ」。仮装した子どもにこの言葉を言われたら、「トリート!」と返しながらお菓子をあげましょう。または、「ハッピー・ハロウィーン!」と答えてもいいですよ。

ハンドメイドでハロウィーン感UP!

今年のハロウィンには、子どもと一緒にハロウィン・パーティをしてみてはいかが。お菓子を用意して、手作りデコカップに入れましょう!ガーランドやハニカムボールなどの飾りで部屋をデコれば、気分も盛り上がります。

用意するもの

・A4画用紙 
・紙コップ(何色でもOK)
・両面テープ
・ハサミ

さらに、お菓子をあらかじめ隠しておくのもおすすめ。「トリック・オア・トリート!」と言われたら、「部屋のどこかにあるよ、探してごらん」と伝えてみましょう。さらに楽しいイベントになりますよ!


お菓子を用意したりインテリアを工夫して、今年のハロウィンも楽しみましょう♪

ハロウィングッズも見つかるかも♪小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイ」はこちら
スーパー掲載数No.1チラシサービス! トクバイのアプリはこちら
Google play badge Apple store badge