もうすぐやってくる中秋の名月。月見だんごをお供えして迎えることはよく知られていますが、そもそもどんな行事なのか知っていますか?今年は行事の成り立ちを知って、より満喫しましょう。

”十五夜”とも呼ばれる「中秋の名月」は、農作物の実りに感謝する行事

秋といえば十五夜。「中秋(ちゅうしゅう)の名月」とも言われ、おだんごを飾って、月を見るのが昔からの習わしです。

これは中国から伝わったもので、奈良・平安時代には貴族たちによって月見の宴が催されました。やがてこの風習が庶民にも伝わり、秋の収穫物を供えて実りに感謝する行事「十五夜祭り」となりました。

今年の「中秋の名月」は10月4日

十五夜とは旧暦の8月15日のこと。旧暦では月の満ち欠けを基準に日付を決めていたため、満月の夜に当たる15日となったそう。

秋の真ん中(=中秋)の満月である十五夜は、1年で最も月が美しい日とされてきました。2017年の中秋の名月は10月4日となります。

「中秋の名月」にお供えするもの

お供えするものは地域によって違いがありますが、三方にのせた月見だんごがよく知られています。十五夜に合わせて15個、または1年の月の数である12個用意するとされています。

だんご以外にも、里芋や栗、柿など秋にとれるものをお供えしたり、すすきや秋の七草(ききょう、すすき、萩、おみなえし、なでしこ、葛、ふじばかま)などを飾ったりすることも。特に里芋をお供えする地域も多いことから、十五夜は「芋名月」とも呼ばれます。


今年は秋の七草やおだんご以外のお供え物も取り入れて、より季節感のある行事の楽しみ方をしてみてもいいですね。

<参考>

『日本のしきたりがわかる本』(新谷尚紀/監修)主婦と生活社
『12ヶ月のしきたり』(新谷尚紀/監修)PHP
『サザエさんと日本の春・夏・秋・冬を楽しもう! アニメ「サザエさん」のゆかいな12か月』(扶桑社)

お供えにぴったりの食材も売っているかも。小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイ」はこちら

スーパー掲載数No.1チラシサービス! トクバイのアプリはこちら
Google play badge Apple store badge