もうすぐお彼岸。マナーや豆知識など、しっかり覚えて故人を偲びたいですね。

日本の習わし”お彼岸”

春は春分の日、秋は秋分の日を挟んだ前後3日、合計7日間を「彼岸」と呼びます。亡くなった人を偲んでお墓参りをし、寺院などで「彼岸会」と呼ばれる法要が行われるのが習わしです。

2017年は9月23日が秋分の日。したがて9月20日が彼岸入り、9月26日が彼岸あけとなります。

もともと、内閣府によると春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日、また秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」日、とされており、この「自然に感謝し、豊作を祈る」「ご先祖様に感謝し、供養する」という文化がお彼岸の習わしに通じていると言われています。

お彼岸にはお墓参りを

先祖に感謝しお墓参りに行く際に気を付けたいのが、お墓参りの作法です。もし知らない場合は、今年はぜひ覚えて行ってくださいね。

①お墓の掃除をしてきれいにする。

②新しい花を供え、水鉢に水をはる。お供えをするときは半紙を敷く。

③線香に火をつけ、お参りする人めいめいに分ける。

④故人と縁が深い順に、お参りをする。線香を供え、柄杓で水をかける。墓石より頭を低くして合掌し、冥福を祈る。

※最近はお供えは持ち帰るのがマナーとされています

ぼた餅とおはぎの違いとは!?

お彼岸には、「ぼた餅」や「おはぎ」をお供えしたり、食べたりしますよね。この呼び方の違う両者の違いはご存知でしょうか?

じつは両者は同じもの。牡丹の花が咲く春のお彼岸ではぼた餅、萩の花が盛りを迎える秋のお彼岸ではおはぎと呼びます。

なお、地方によってはきなこをまぶしたものを「おはぎ」と呼んだり、つぶあんとこしあんで区別したりすることもあります。


日本独特の文化、お彼岸。せっかく日本に住んでいるのであれば、先祖に感謝して文化を継承していくのもいいものですね。

<出典>

・『日本のしきたりがわかる本』(新谷尚紀/監修)主婦と生活社
・『12ヶ月のしきたり』(新谷尚紀/監修)PHP
・『サザエさんと日本の春・夏・秋・冬を楽しもう! アニメ「サザエさん」のゆかいな12か月』(扶桑社)

 

小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイ」はこちら

スーパー掲載数No.1チラシサービス! トクバイのアプリはこちら
Google play badge Apple store badge