CMで見かけて、気になっていたあのレシピ。
「自分で作っても本当にうまくできるのかな?」という不安も、少しあったり。

そこで、気になるCMレシピをトクバイスタッフが作ってみました。

第1回目は、キユーピーの「キユーピー マヨネーズ」を使った「ロメインレタスと鶏ささみのマヨネーズソテー」です。

キユーピー ロメインレタスと鶏ささみのマヨネーズソテー

CMで見た時の、ジュワーっという炒め音と、レタスのシャキシャキ感がおいしそうなこのレシピ。油やバターを使った炒め物はよく作るものの、「マヨネーズで炒めるってどういうこと!?」と驚き。

どんな味になるのか気になりますよね。早速ご紹介します!

今回のレシピはこちら

レシピのポイント

加熱してもシャキシャキした食感が残る、ロメインレタスを楽しめる一品です。マヨネーズで炒めることで引き出された鶏ささみとプチトマトのうま味が、あっさりしたロメインレタスによく合います。

キユーピーHP写真より

使用する商品

キユーピーマヨネーズ

キユーピー マヨネーズ
参考小売価格 350円(税抜)

材料 (2人分)

ロメインレタス  10枚 200g
プチトマト  10個 90g
鶏ささみ  3本 110g
キユーピー マヨネーズ  大さじ2

作り方

1.ロメインレタスは長さ5cmに切る。プチトマトは半分に切る。

2.鶏ささみはひと口大のそぎ切りにする。

3.フライパンにマヨネーズ大さじ1を入れて火にかけ、2を入れ、両面に焼き色をつける。火が通ったら1と残りのマヨネーズを加え、さっと炒める。

弱火~中火くらいの火加減がいいです

鶏肉を投入したら中火くらいにしましょう

こんがり焼き目がついてきたら、野菜投入のサイン

サッと炒め合わせます。すぐに火が入るので、ご注意を。

以上で完成です!

工程も少なく、切って炒めるだけなので、とっても簡単。イメージ通りにできました。

作ってみた感想

10分もあれば完成する簡単レシピ。味付けもマヨネーズのみなので、調味料の分量などを間違えて失敗するポイントも少なく、安心です。

今回はロメインレタスで作りましたが、もしお近くのスーパーになかったり、お値段が高い場合は普通のレタスを使ってみましょう。苦みが抑えられ、よりさっぱりとした味になると思います。

気になる味は、まろやかで苦みとほのかな酸味がおいしい!

マヨネーズのコクが、ロメインレタスの苦みとマッチしていて、さっぱりしていながらも深みのある味。鶏ささみがはいっているので、ボリュームもばっちり。

濃い目の味付けがお好きな方は、仕上げに塩コショウを少々振っても良いですね!

食材豆知識。ロメインレタスとは?

最後に、今回使用したロメインレタスについての情報です。

葉に厚みがあり、サクッとした歯ごたえがたのしめるロメインレタス。普通のレタスに比べ、ほのかな苦みをたのしめるのが、味の特徴です。

シーザーサラダのメイン素材として人気がありますが、加熱してもおいしい野菜。炒め物やおひたしもおすすめです。

少し苦みを出したい葉もの料理の際に、ぜひご利用ください♪

キユーピーのWEBサイトには、ロメインレタスに関するアレコレや、このほかのレシピも載っているので、こちらも要チェックです!


ドレッシングなどの調味料として料理の最後によくつかっていたマヨネーズ。炒め物に使うという発想はなかったけど、使ってみるとおいしい!

このほかにも、キユーピーのHPにはレシピがたくさん。チェックしてみてくださいね。

食材をオトクにGETして、早速レシピに挑戦しよう!
小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイ」はこちら
スーパー掲載数No.1チラシサービス! トクバイのアプリはこちら
Google play badge Apple store badge