食材の買い時を予測してお知らせする「旬の野菜、買い時!予報」。気になるあの野菜について、いつが旬なのか、お買い得なのか、を見ていきましょう。

※本予報は過去の「トクバイ」商品掲載データや現在の市場価格を参考にトクバイが独自に予想したもので、保証するものではありません。ご了承ください。

今週(7月16日~7月22日)の野菜

にんにく

滋養強壮に効果あり!スタミナ食材として大活躍

にんにく-旬

中国から伝わったとされるにんにくは、スタミナ料理に欠かせない野菜。現在もスーパーの店頭には中国産のものが多く並んでいます。

にんにく特有の強い香りはアリシンという成分で、疲労回復などに効果的なビタミンB1の吸収や、この効果の継続を助ける役割をします。また免疫力を高めたり、強い抗菌・抗カビ作用を持つのも特徴です。

おいしいものの見分け方として、粒が丸く身が詰まっていて重みのあるものを選ぶとよいでしょう。

ここ2年の価格動向

中国産は常に100円程度で安定

にんにく-平均価格

※1個あたりの価格で算出

スーパーで見かけるにんにくには、「中国産」と「国産(青森県のものが多い)」がありますが、価格は大きく異なります。中国産は100円前後で安定した価格ですが、少し小ぶり。一方国産のものは200円を超え、お値段は張るものの、身が詰まっており大粒です。

お値段が張る分あまり豪快には使いにくいですが、食感や香りをしっかり感じたい場合には、国産のものを利用されるのがいいと思います。

中国産、国産ともにここ2年の価格にあまり大きな変動はありません。

旬の時期

国産にんにくの旬は6月~8月

5月の中旬頃から収穫が始まる国産にんにくの旬は、6月~8月ごろ。滋養強壮効果もあり夏バテ対策にも良い食材なので、暑さで疲れを感じたら食べておきたいところです。

普通は収穫後に20日前後、乾燥させてから出荷されますが、この旬の時期はみずみずしい生ニンニクが食べられる唯一の季節。店頭で見かけたらぜひ手に取ってみてください。

200円が目安のカイドキ!

この記事に掲載しているグラフからは読み取りにくいですが、にんにくは一般的に、旬を迎える6月ごろに市場での卸売価格が低下します。

普段は中国産と比較すると高くて買うのにとまどうかもしれない国産ですが、この時期は旬で味も良いので、購入してみてはいかがでしょうか。中国産のものは100円程度で通年価格が安定しているので、この価格を目安に購入しましょう。

また、国産のものは大粒で高いものだと350円程度まで価格が上がりますが、200円~250円程度のものも店頭には出回ります。200円程度で国産のものを見つけた場合は迷わずGETしましょう。


旬の食材をうまく利用して、上手なお買い物を楽しんでください。

にんにくの価格や、オトクな情報を無料でチェックしよう!
小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイ」はこちら

 

スーパー掲載数No.1チラシサービス! トクバイのアプリはこちら
Google play badge Apple store badge