全国のスーパーを飛び回っているトクバイスタッフによる、ご当地スーパーとご当地商品の紹介シリーズ。今回は山梨県編です。世間ではもうすぐ夏休みですが、人とはちょっと違う旅行のお土産も、ご当地スーパーなら見つかるかも。山梨県に住んでいる方も、山梨県に旅行の予定がある方も、山梨県に興味がある方も、皆さん必見です!

今回のお買い物店舗

いちやまマート イッツモア玉穂ショッピングセンター

いちやまマート-玉穂

住所:山梨県中央市若宮50-1

いちやまマートは、山梨県で2番目の店舗数を誇る代表的なご当地スーパー。特徴的なのは「美味安心」をコンセプトとブランド名にして作られた、健康に配慮したプライベートブランド(PB)です。

プライベートブランドとは、小売店が自社独自の商品として製造する商品ブランドおよび商品のことを指し、安価な商品や小売店の個性が出た商品が多く見られます。

今回訪れたいちやまマートは「健康スーパー」をその経営コンセプトとしていて、販売している商品はタール系合成着色料を使用しない商品にこだわった品揃えや、減塩商品、その他自社のPB商品も身体によいものばかり。その強い経営信念はテレビ「カンブリア宮殿」や「ガイアの夜明け」などでも紹介されたほどです。

また、品揃えだけではなく、店内の雰囲気も抜群。アミューズメントパークのような広い店内には、様々な食卓の提案コーナーや、珍しい商品、またお子さん連れに配慮された温かい雰囲気のコーナーもあります。

取材日は七夕前だったのですが、笹竹にお客さんが自由に書ける短冊が飾ってあったり、

いちやまマート-七夕

似顔絵コーナーがあったり、

いちやまマート-似顔絵

お母さん、お父さんが買い物しているときに退屈しないよう、塗り得のコーナーまで。塗り絵を店員さんに渡すと、ポップキャンディーがもらえるんだとか。すてきな計らいですね。

塗り絵サービス

その他、毎週金曜日に開催される「ふれあいリサイクル広場」は、近隣の障がい者就業・生活支援センターが企画しているイベント。アルミ缶・新聞・チラシなどを持っていくと、ふれあいリサイクル広場を開催している店舗の一品が10%オフになるグリーン券と交換できるそうです。地域に根ざしたいい企画だなと思いました。

ふれあいリサイクル広場

安心安全の美味安心ブランドは種類も豊富!

先にも紹介したいちやまマートのPB「美味安心」。品質や国産の素材にこだわり、どれも化学調味料をはじめ、化学合成された添加物を使っていない商品です。素材の持つ自然な美味しさが引出されていて、健康を気にする方にも、食の安全を気にする方にもぴったり。こういった商品は高級スーパーや自然素材の店などではよく見かけますが、近くのスーパーでこんな商品がお手ごろ価格で買えると嬉しいですよね。

いちやまマート-美味安心

また、美味安心ブランドの特徴はその種類の多さ!!店内のあらゆるところで、PB商品を見かけました。

うどんも、

いちやまマート-吉田のうどん

ところ天も、

いちやまマート-ところ天

いたるところに美味安心(種類が多すぎて撮影しきれず・・・)!

また、セカンドブランドの「ビミ・ドゥーエ」の存在にも注目。こちらは安心安全のコンセプトはそのままに、輸入原料も取り入れながら最低限の添加物で作られた身体に嬉しい商品です。

個人的に一番気になったのはこのタルタルソース!油分が多く健康を気にする人は手が出しにくい揚げ物。特にタルタルソースを使うのは、カロリー面でもちょっと気が引けますよね。この商品なら身体にやさしい材料で作られているので、いつもの揚げ物より安心です。

ビミドゥーエ-タルタルソース

店内のあらゆる場所で健康を意識!

健康スーパーとして有名ないちやまマート。PBブランドの美味安心だけではなく、その他店頭のあらゆるところで健康をキーワードにした食の提案が!

糖質の低いチーズをダイエットのおやつとして提案していたり、

いちやまマート-健康

油のコーナーにも米油やなたね油をはじめとするヘルシーな油がたくさんあったり、

いちやまマート-油

いちやまマートオリジナルの、ごはんが入っていない「ロカボ弁当」もあります。炭水化物がなくても、こんなにボリューミィ!おかずの種類も豊富なので、飽きません。

いちやまマート-ロカボ弁当

例えば豚生姜焼き弁当はこんなに食べてもカロリーたったの439kcal!毎日通いたい!!

ロカボ弁当-豚生姜焼き

減塩コーナーにも注目。山梨県は全国で4位の塩分摂取量らしく、食の提案をするスーパーとして率先して食生活の改善提案をしているところが、とっても素敵ですよね。

いちやまマート-減塩コーナー

山梨県といえばこの商品!

山梨のご当地グルメといえば、やっぱり「ほうとう」

ほうとうとは、山梨県の郷土料理です。小麦粉を水で練った平たい麺を、かぼちゃなどの野菜と一緒に煮込み、味噌で味付けをして食べるそうです。うどんとはちょっと違い、麺にコシがないのも特徴。食べてみると口の中でほろほろ溶ける麺と野菜に、ほっこりと温かい気持ちになります。

さすが、麺コーナーには、ばっちりとほうとうが。

いちやまマート-ほうとう

爆売れしている、美味安心ブランドのほうとうもありましたよ~!

美味安心-ほうとう

(左のほうとうには賞味期限の都合でしょうか、半額シールが!これは買いですね)

山梨県出身ではなくても、きっと懐かしい味がすると思います。県内にはほうとうが食べられる飲食店もたくさんありますが、自分へのお土産として買って、自分で作ってみるのも楽しいですよ。ぜひ味わってほしい一品です。

山梨県といえばフルーツ!桃やぶどうの商品がいっぱい

山梨県は中学校の地理の授業でも習った記憶があるくらい、果物の生産が盛んで有名な県。特に桃やぶどうの生産量は日本一です。

スーパーの店内にはご当地ならではの果物、およびそれを使った商品が並んでいました。

まずは桃。これからの季節が旬の桃は今が出始め。コーナーに行くと甘い、いい香りがしました!旅行者の方は果物狩りや農園などで楽しんで購入するのもいいですが、他のお土産と一緒にスーパーで購入できると一石二鳥で嬉しいですね。

山梨県-桃

また、桃を使った手作り感のあるジャムも!果肉がたっぷり入っていて本当においしそう。ジャムに塗ってもいいですし、ヨーグルトなどに添えても。

山梨県-桃ジャム

ぶどうジャムもありますよ!どの品種のものにするか、とっても迷いそう・・・。

山梨県-ぶどうジャム

また、レジの近くには「ゼリーミュージアム」と称したゼリー特集のコーナーが。山梨県名産のフルーツをたっぷり使ったゼリーがたくさん。もう全部買って帰りたいくらいです。

いちやまマート-ゼリーミュージアム

さらに、ぶどうといえばワイン!山梨といえばワイナリーがたくさんあることでも有名。スーパーにも地元産のワインがとっても広く並べられていました。

いちやまマート-ワイン

広すぎて斜めにしないと写真に収まり切りません・・・。ちなみにこの裏側にも輸入物のワインがびっしり。とてもつもないワイン愛です。

レトロなパッケージがかわいいご当地だしつゆ「ビミサン」

調味料メーカーのテンヨ武田株式会社の代表的な商品「ビミサン」は、山梨県民なら誰もが知っているご当地のだしつゆ。

うどんだしはもちろん、肉じゃがなどの煮込み料理や、炊き込みご飯のあじつけにも使えます。パッケージのデザインがなんとも印象的で、お土産に買って帰ると喜ばれること間違いなしです!

ビミサン

ご当地流!麺の食べ方「吉田うどん」「夏のほうとう おざら」

山梨県の代表的な麺といえば「ほうとう」というお話はしましたが、それだけではありません。

山梨県は富士吉田市で主に食べられるご当地グルメ「吉田のうどん」はご存知ですか?醤油や味噌のだしベースに、キャベツと馬肉を中心とした具材がのったうどんです。市内では家庭によりだしの味やトッピングする具材などは変わりますが、冠婚葬祭などの「おもてなし」をする際にもよく出されるメニューだそうです。

こちらも市内にたくさん飲食店があるので食べられますが、もし家庭でも作ってみたい方は麺をGETして帰りましょう!

いちやまマート-吉田のうどん

「美味安心」ブランド品として紹介したこちらのうどんは、「吉田のうどん」でした

麺の食べ方をもうひとつ。

ほうとうはぐつぐつ煮込んだ料理ですが、暑い夏にはいまいち食べる気がしないということもありますよね。そんな時にはこちらの「おざら」はどうでしょうか。こちらは、夏のほうとうのこと。ざるうどん風にさっと茹でた麺を冷水で冷やし、鶏肉や人参など好みの具材を入れたあたたかいだしにつけて食べる料理です。さっぱりしているので夏の暑い日にも食べやすいですよ。

山梨県-おざら

スーパーで買える!山梨県のご当地土産のおススメ7選

さて、こんな風に興奮していちやまマートを2時間ほど回った際に見つけた、山梨県のご当地商品を紹介します。人とは違ったお土産が買えるので、スーパーでのお土産購入、おすすめです!

※価格はトクバイスタッフが購入した際のレシートに掲載されていた価格を記載しています。 特売や価格改定などで変動のあった場合はご容赦ください。
※全て税抜価格です。

① ビミ・ドゥーエ「生タルタルソース」

ビミ・ドゥーエブランドの中で個人的に最も気になった商品!ちょっと罪悪感のあるタルタルソースも、おいしさと安心安全にこだわったブランドのものであれば、いつもよりも気にせず食べられますよね。

ビミドゥーエ-タルタルソース②

399円

タルタルソースはご存知のとおり白身魚や鮭のフライ、唐揚げ、海老フライなど揚げ物によく合いますが、その他にも温野菜サラダやトーストにも合うそうです!

というわけで、今回は手軽にトーストに塗って実食。

柔らかい酸味で、サッパリとしていてまろやかで何よりしつこくない!たっぷりかけても胃もたれすることなく食べられました!大きすぎない具材感も良い感じです。

② ビミ・ドゥーエ「ココナッツ&バナナチップス菓子」

ビミドゥーエ-ココナッツバナナチップス

499円

バナナチップスはよく見かけますが、ココナッツチップスって普段なかなか見ないですよね?こちらのお菓子もいちやまマートさんのPBブランド、ビミ・ドゥーエのもの。お酒のおつまみやお腹が空いたときにちょこっと甘いものを食べたいときにいいですね。

食べてみるとサクサクでとても軽い食感。特にココナッツの風味が口の中に広がって、少し食べるだけでもう大満足です!ココナッツオイルで揚げてあるので、ヘルシーなのもうれしい。

③ さくら製菓「みのぶまんじゅう(3個)」 

みのぶ饅頭

369円

みのぶまんじゅうは、山梨県身延市で作られている郷土料理。味噌を練りこんだ皮で渡し餡を包み、蒸したおまんじゅうです。

実食③

もっちりしたこし餡に、懐かしさを感じるほんのり味噌風味の素朴な皮がマッチしていてとてもおいしいですよ。

④ 千果園「手作りジャム デラウェア」

ぶどうジャム

571円

山梨県に行ったのであれば、果物は買って帰りたいところ。でも、生の果物を持って帰るのは鮮度や荷物量の問題から難しいこともありますよね。

そんなときはジャムをお持ちかえりするのがおススメ。

スーパーのレポートコーナーでも紹介したこちらのジャムは、品種によってジャムの種類も豊富。今回はデラウェアを購入してみました。手作り感のあるパッケージもお土産らしさがあり、喜ばれそう。

果肉たっぷりで甘さ控えめのジャムがトーストによく合う!果実を皮ごと煮ているようですが、食べづらさは全くないです。また酸味も控えめなのでお子さんも食べやすい味だと思います。

⑤ 和田「手打ち生ほうとう400g」

ほうとう

299円

山梨県と言えば、これ無くして語れない郷土料理「ほうとう」のマストアイテム、麺。2人前など食べやすい量で売っているので、ちょっとしたお土産に喜ばれそうです。色々なブランドの麺があるので、複数買って食べ比べてもよいですね。

こちらはこの後のコーナーでも、実際にほうとうを作った際に使用しました。

⑥ 松岡製菓 「ソフト紅梅」 

ソフト紅梅

285円

山梨県の郷土菓子であるソフト紅梅は、紅梅焼き(梅の形に焼き上げたおせんべい)にマーガリンやミルクなどを加えて焼き上げたお菓子のこと。その名の通りソフトな食感ですが、添加物が入っていないものは数日したら固くなってしまうので、牛乳などに浸して食べるといいとのことでした。ご両親や年配の方へのお土産に良いですね。

ソフト紅梅

⑦ テンヨ武田「ビミサン」

テンヨのビミサン

299円

先にも紹介したビミサンは500mlだと、持って帰るのにも使い切るのにも便利。レトロなパッケージが他にはないので、珍しがられそうです。これからの季節はおそうめんなどにも合いそう。

ご当地商品でご当地グルメを食べてみよう

今回作ったのは定番郷土料理のほうとう。

作り方はとっても簡単で、カボチャ、人参、大根、白菜、ごぼう、油揚げなどの具材を食べやすい大きさに切り、めんつゆと出汁で煮込んだ後に麺を入れさらに煮込み、最後に味噌で味付けをして完成です!

今回は”お土産品”として購入した、ほうとうの麺と、テンヨのだしつゆを使いました!なお、この記事で紹介しているテンヨのだしつゆは5倍濃縮でちょっと濃いめなので、いつものめんつゆよりも少し控えめに入れるように気を付けてくださいね。

ご当地グルメ-ほうとう

昔懐かしい気持ちになるご当地麺料理。15分あればできるので、野菜はたっぷり摂りたいけれど何品も作る気になれない日にいかがでしょうか?


山梨県のご当地グルメって果物とほうとう以外には何があるんだろう・・?と思って訪問しましたが、いちやまマートの広い店内には宝物がたくさんありました!

数多くのスーパーを見てきたトクバイ編集部スタッフさえ、いちやまマートは本当に感激するくらい面白く、素敵なスーパーさん。ぜひ全国の買物好きさんには訪れてほしい山梨県のスポットです♪

次回の訪問記もお楽しみに~!

チラシ・商品情報紹介サービス「トクバイ」の、いちやまマートのページはこちら
スーパー掲載数No.1チラシサービス! トクバイのアプリはこちら
Google play badge Apple store badge